読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の彼や彼女の恋愛感情や気持ちを理解しよう

発達障害(アスペルガー症候群)の彼との恋愛に疲れているのに一生懸命付き合ってませんか?別れようかと思ってもなかなか分かれられず、だけど幸せになれないような気がしているんですよね。そんな女性にアスペルガー症候群当事者が気付いた事をご紹介します。

発達障害の彼は人の気持ちが分からずいつも冷淡

発達障害の考え方の特徴

発達障害の彼って本当に人の気持ちが分からないからいつも冷淡冷たく感じてしまうのではないでしょうか?発達障害の彼自身は冷淡なつもりはないのですが・・・(汗)

f:id:asupeshougai:20161130220612j:plain

この冷たいって言葉は恋愛だけではなく、友達や親子など、どのような人間関係においても言われている事なんですよね。

 

発達障害が冷淡と言われるのはココ

多分周囲は

 

この人って冷たいな!!

 

と思っていても、自閉症スペクトラムや多動性注意欠陥障害の当事者は気付いていないんです。

 

そして

 

そこが冷たいって所だよ

 

なんて言われても、一体どこが?なんで???

 

結局受け入れる事もせず同じ事を繰り返すから、恋人に愛想をつかれてしまうんです。

 

人の気持ちが分からないのは障害の特徴

アスペルガーやADHDの人は相手がどう思っているかを理解したくない訳ではないのですが、考え方の根本が定型発達の人とは何か違っているのかもしれません。

 

  • 相手を思うから言う ← 定型
  • 相手を思うから言わない ← 障害

 

普通なら相手が気になる事だろうから言わない事なのですが、アスペルガーやADHDの人は気になるだろうから言ってしまうんです。

 

言ってはいけない事と言っても良い事の区別が普通の考え方とはかなり異なるので、余計に冷たく思われてしまう事もあるのでしょう。

 

自分の殻から出ないから冷淡なのかも

また、ASDなどの障害を持っている人は基本的に自分の殻を持っている人が多いはず。

 

それもその殻、かなり分厚いんですよね(笑)

 

そのため、人との間に一線を引いていて、もしその中に入ってくるなら一刀両断してしまう事があるのです。

 

発達障害の人はそうやって自分を守らなければ色々と生き辛いからなのですが、その分人の気持ちが分からなかったり冷淡だと言われてしまうのでしょう。