読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の彼や彼女の恋愛感情や気持ちを理解しよう

発達障害(アスペルガー症候群)の彼との恋愛に疲れているのに一生懸命付き合ってませんか?別れようかと思ってもなかなか分かれられず、だけど幸せになれないような気がしているんですよね。そんな女性にアスペルガー症候群当事者が気付いた事をご紹介します。

発達障害の彼氏を持つ彼女に必須の取り扱い説明書

発達障害の考え方の特徴

発達障害の彼氏を持つ彼女におすすめの取扱説明書を書いてみようと思います。発達障害の彼で悩んでいる彼女必見!!

f:id:asupeshougai:20161130220607j:plain

発達障害の彼の扱い方

基本的に自己中心的な考え方をする自閉症スペクトラムや多動性注意欠陥障害の人。

 

これを変える事はほぼ不可能です。だから変えるのではなく上手くあなたの考え方に乗せてしまうのがオススメ。

 

頭ごなしに反論すると論理的な返事で、それ以上喧嘩にもならない程正論を並べ立ててしまうのは自閉症スペクトラムや多動性注意欠陥障害の特徴です。

 

こうなってしまっては扱いづらい相手になってしまうのですが、そうではなく、まずは相手の意見を受け入れる事。そこからあなたのペースに巻き込めるよう上手く持ち上げながら話しを進めていきましょう。

 

ある程度納得すると結構素直に聞いてくれるので、コツさえ分かれば簡単なはずです。

 

彼の考え方を理解するのも大切

  • 連絡が無い
  • 返信が無い
  • デートも無い

 

これじゃ付き合ってるって言えるの?!と思う事があるかもしれません。

 

しかしASDやADHDの人は、1つの事に集中してしまうと他が何も見えなくなってしまうのです。

 

そうなると、電話も出ない、LINEの返事もない、デートもドタキャンなんて事も少なくないはず。

 

こんな場合はしばらく放置してみてください。アスペルガーやADHDの人は自分がある程度満足すると他の事に向き合う事が出来るのですが、それまでは無理。不安に思わず

 

またか!!

 

くらいの余裕を持って接していけば、お互いが自分のペースでお付き合い出来るはずです。

 

そんな特徴を上手くつかめば決して恋愛は難しくないはず。

 

発達障害の彼氏を持つ彼女はいつも不安を感じてしまうかもしれませんが、ポイントを抑えれば不安を感じなくなるはずなので試してみて下さいね♪