読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の彼や彼女の恋愛感情や気持ちを理解しよう

発達障害(アスペルガー症候群)の彼との恋愛に疲れているのに一生懸命付き合ってませんか?別れようかと思ってもなかなか分かれられず、だけど幸せになれないような気がしているんですよね。そんな女性にアスペルガー症候群当事者が気付いた事をご紹介します。

発達障害の彼に愛されていないと感じる寂しさ

発達障害な彼や彼女の恋愛の特徴

発達障害の彼に愛されていないと感じるとやっぱり寂しいですよね。気を使っている事は分かっているけど何か満たされない・・・発達障害との恋愛で一番問題になる事なのではないでしょうか。

f:id:asupeshougai:20161130220603j:plain

障害がある人でも人によって変わる部分はあるのですが、彼女が抱える一番多い問題はやはり寂しいと感じるという事。

 

発達障害の彼は私を愛していないの?

恋愛がスムーズに進んでいるなら、愛しています。

 

自閉症スペクトラムや多動性注意欠陥障害の人は愛情がないなどと言われる事が多いのですが、自分なりの深い愛情はしっかりと持っているんです。気付かれにくいけど(汗)

 

例えばLINEで彼女から何て事のない連絡が入ると・・・スルーしたりしますよね?

 

これは嫌いだからスルーしている訳ではなく、何を聞きたいか?が分からないという場合もあるのです。

 

彼女「今日、友達と洋服買いに行ったんだ♪」

彼・・・

 

自閉症スペクトラムや多動性注意欠陥障害の人なら、これだけの文章を送られても何がいいたいのか分からない事が少なくありません。

 

結果スルーしちゃうんです(汗)

 

愛されると思える行動が見受けられない

定型発達の人がどのように考えているかはアスペルガーの私には分からないのですが、例えば週に1度デートをすると決まっているなら、それはASDやADHDの愛情だと言えるはず。

 

大切な恋人の為に時間を割く・・・

 

当たり前なのかもしれませんが、実はこの時間を割く事が出来るかどうか?はかなり重要です。

 

だって、基本的には人と接点を持たなかったり、約束をしていてもドタキャンする事も少なくないのですから、必ずデートをすると決めている時点で愛情があるんです。

 

かなりクオリティの低い感情かもしれませんが、発達障害の彼に愛されているかどうかを見極めるのはそんな些細な部分だったりするんですよ!