読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の彼や彼女の恋愛感情や気持ちを理解しよう

発達障害(アスペルガー症候群)の彼との恋愛に疲れているのに一生懸命付き合ってませんか?別れようかと思ってもなかなか分かれられず、だけど幸せになれないような気がしているんですよね。そんな女性にアスペルガー症候群当事者が気付いた事をご紹介します。

発達障害を彼の運命と受け止め改善していく事が大切

発達障害の恋愛の感情や傾向

発達障害を彼の運命と受け止めたなら、次は一緒に改善していく事が大切です。発達障害に生れた事は仕方がない事。彼が出来る事と出来ない事を知れば上手く行く事も沢山あるのです

f:id:asupeshougai:20161130220602j:plain

この障害を改善するには一人では難しく、どうしても彼女の支えが必要になってきます。

 

彼の発達障害を治す事は出来ないが改善する事は出来る

何も知らずに始まった恋愛。しかしお付き合いをしていくと何となくおかしい?と気づく事が出てくるはずです。

 

そこで診断をすると自閉症スペクトラムや多動性注意欠陥障害などの診断が降り、初めて相手に障害がある事を知るのです。

 

自閉症スペクトラムや多動性注意欠陥障害とまでいかないグレーゾーンな人も沢山いるのですが、出来ない事はあまり変わりがないはず。

 

そこからはカップル二人が力を合わせ少しでも円滑な恋愛が継続する努力が必要になってくるのでしょう。

 

発達障害は運命、だから受け入れると楽になる

運命は変えられると考えるのであれば、アスペルガーやADHDは治らない障害なので宿命と言う方が正しいかもしれません。

 

どちらにしても治らない障害なのですから、受け入れるしか方法はありません。

 

  • 何が出来て何が出来ないか
  • どのようにすれば意思の疎通が上手くいくのか

 

まずはこのような事を知る事から始めてみて下さい。

 

アスペルガーもADHDも、会話で聞くと理解しにくい場合が多いので出来ればメモ

 

この場合はこのようにする

 

などを書くと分かりやすいと思います。

 

発達障害を運命として受け入れるとお互いが努力で改善出来る事が沢山見えてくるはずです。折角素敵な出会いをしたのですから、共に歩めるよう頑張って下さいね!